« 今、北朝鮮ICBMに対して日本がなすべきことは | トップページ

今日本は北朝鮮のICBMに対して何をすべきか

今、アメリカは、北朝鮮に対して非常に危険な状態に墜ち入っていると思われる。今川義元(トランプ)と織田信長(金正恩)が戦った尾張桶狭間(グアム島)の戦い(1560年)の直前の状態に似ている。北朝鮮から奇襲されないように一時も油断は許されない。日本も韓国も。もしかしたらグアムでなくアラスカが奇襲作戦で狙われるかもしれない。

アメリカのトランプ政府の大統領・補佐官・幕僚間は指揮連絡系統がバラバラで、きちんと意思疎通ができていなく統一した政策・命令・指示が迅速に出せないでいる。それに対して金正恩朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮は、上から下まで見事に一糸乱れず統制されている。

アメリカは近代最先端装備が多数であるが北朝鮮の任意の時刻・場所で同時多発的奇襲的に要点包囲網射撃が実行されると完全防御は不可能である。アメリカには今までに、北朝鮮が発射した弾道ミサイルを、発射から頂点に届くまでに撃ち射落としアメリカの強さと威厳を見せ付けてもらいたかった。そうできていれば今日のように長引かなかったろうし金正恩のわがままも許さなかっただろう。第3者国が主張する用に話し合いで解決できることが一番よいが、金正恩は北朝鮮を有利に終わらせるために今日までアメリカや国連安保理事会を舐めてきたと思われる。第3者国も話し合い解決それもアメリカが北朝鮮対して大幅譲歩せよ言っているがとんでもないことである。それならば第3者国もアメリカを強力に応援すべきであったと思う。

では日本が今なすべきことは第1に「自分の国は自分で守る」弾道ミサイル抑止力を構築・発展させて防衛力の急向上させることである。具体的には「北朝鮮がミサイル発射と同時に撃ち落とせる」ように、迎撃ミサイルSM3搭載のイージス艦の8隻体制の実現、地上配備型誘導弾PAC3などの改良を急ぐべきである。又、北朝鮮の予告に対処しミサイルや破片が日本に落下してもよいようにPAC3を弾道ミサイル飛行航路上の島根、広島、愛媛、高知に緊急配備すべきである。それは、今実施されたが。

第2はアメリカが日本の防衛のために活動しやすいように法整備や兵站支援の増大である。

3にわが国民の愛国心と防衛意識(危機管理)意識の改革・高揚である。北朝鮮問題や中国問題がまるで他国のできごとのように日本には関係なしと思っている人がいないのか。その考え方」はもう捨てよう!!今日の状況をシュミレーションして政府と国民が戦争の脅威を知ることも大切だ。

|

« 今、北朝鮮ICBMに対して日本がなすべきことは | トップページ

アメリカ、日本と北朝鮮弾道ミサイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522957/71409591

この記事へのトラックバック一覧です: 今日本は北朝鮮のICBMに対して何をすべきか:

« 今、北朝鮮ICBMに対して日本がなすべきことは | トップページ